おっちゃんで何が悪い!

若い時はおっちゃんになりたくないと思っていたが、40を過ぎて自分のおっちゃん化に突然気付いた男の日常を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士

今日、山口母子殺害事件の差し戻し裁判のニュースを見た。驚いたのは、弁護団が21人もついていることだ。弁護士って、暇なのだろうか?裁判したくても、弁護士を雇えないという話はよく聞くが・・・おそらく、人権を守るため、死刑廃止を訴えようと、この裁判を利用して、ボランティア的に参加している人が多いのだろう。しかし、よく考えれば、原告にも、同様の人数をつけないと、公平な裁判は出来ないのではないか?しかも、原告からすれば、自分の裁判を、弁護士の目的のために使われて、えらい迷惑だろう。人の弁護する前に、自分の主張を通すために、人を利用するなんて考えの弁護士を、まず裁判にかける必要があると思うが・・・
スポンサーサイト

コメント

21人もの弁護士

被告に、21人もの弁護士ですか。
どこからそんな弁護費用が出てくるのでしょうね。
被告は相当金持ちのボンボンなのでしょうか?
それとも、彼らは手弁当で参加してるのでしょうか?

  • 2007/05/26(土) 21:20:45 |
  • URL |
  • MITSU #-
  • [ 編集 ]

MITSU 手弁当での参加みたいですね。売名と、死刑廃止論を訴えるために、この裁判を利用したいみたいですね。

  • 2007/05/27(日) 22:37:05 |
  • URL |
  • 管理人 #trMR1GUU
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://n0mu3.blog56.fc2.com/tb.php/201-af413ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。